飛田新地への海外からの旅行者の感想紹介

海外でもそれなりに有名な日本の飛田新地への感想を紹介いたします。

観光地である必要はありませんが、面白い体験

風俗街のためであるべきであるため、この場所のレビューはほとんどありません。日本人の同僚から、大阪には世界で唯一の歓楽街があると聞いて、この場所に興味を持ちました。そこで、近くの難波駅にいたので、このエリアの雰囲気をチェックすることにしました。ショップハウスの5つの主要な列に沿って歩き、さまざまなショップを不思議な目で見て、家の中から年配の女性があなたに手招きをしているのは興味深いことでした。

最初の3つの通りはきれいな女性がいる通りで、約100のそのような家が営業のために開かれているに違いありません。可愛い人もいれば、暑い人もいれば、制服を着た人もいました。4番街と5番街に向かって、他のすべての種類の女性、プラスサイズ、成熟した人などがいました。私は言語を話せず、「レストラン」も訪れなかったので、他にコメントすることはできません。通りを歩いているのが怖くも危険でもなかったという事実。通りを歩いている人のほとんどは、20〜40歳の日本人男性で、多くの場合、小グループになっています。私のように街を歩いたり、雰囲気を味わったりする観光客もいました。間違いなくそれ自体での経験であり、うん、敬意を表して、写真は許可されないようにしてください(路上でも)。

 

海外の方からすると、飛田新地の内容が風俗的な意味合いよりも、街全体の佇まいや、お店ごとの特殊な店舗の構え方などが印象的だったようですね。

たしかに飛田新地などのもともと遊郭だった後の街というのは、どこかよく知られている風俗街とは、趣が違うというのは日本人でも感じるところだと思います。

古き良き建物、文化を残しつつ現代まで生き延びてきた文化。

また、その文化を中心に街の経済が回る一部となっているというのも何か、ただ風俗街とい風に切り取った見方だけでは、街の事を語る事はできないような気もします。

街で生きていく事、街の文化を利用するもの、その文化を遊ぶ者など様々な意識が混ざり込んだ文化と言えそうです。

飛田新地を語るにはこのサイトだけでは心もとないですので、もっと飛田新地の事を詳しく知りたいという方は、飛田新地 アルバイトまとめサイトがありますのでそちらを御覧ください。